検索
  • 斎藤 徹

続-性差 (「仙台経済界」2003年 9-10月号掲載)

 性差については英国でも話題が尽きないようです。先回紹介したプロスペクトの記事の著者、シモン・バロンコーヘンの本が6月末の週刊誌ガーディアンの書評に取り上げられていました。「本質的な違い」と題するその本は、太古に遡って男女の相違を説明しています。

 男女の脳は本来、異なるものとするのが同氏の考えです。一般に男性は組織的な思考パターンをとり、物事の仕組やそれを支配する法則に注意が向けられます。女性は共感的で、気持ちを伝え合い、互いに理解しようとする傾向が強いそうです。子供を観察すると、男の子はおもちゃの自動車や戦争ごっこを好み、女の子はままごとに惹かれ仲良しを作ります。思春期には、男子は口数が減り、話をしても口篭もることが多く、女子はおしゃべりとともに社交性を増します。その後、女性の場合、言葉を巧みに使いこなしては人間関係の話題が尽きません。男性はスポーツや仕事の情報交換が興味の対象です。

 これほどの差異が男女間に生じた理由について、自然淘汰による適応の過程が引用されています。かつて男性は道具を作り、活用できなければなりませんでした。生きるために彼らは道具の工夫や技術の向上に執着せざるを得ません。狩りに出ると獲物を狙い、茂みの中で何時間もじっとしていました。一方女性は、生まれた土地を離れ、夫の共同体に入ることになります。子供には目を見つめて状況を察し、声をかけ、そこから会話力を発達させ周囲と交わる術を身につけていきました。

 こうして我々の脳には、時を重ねて築き上げられてきた男女の特性が息づいています。もちろん、すべての人間がそれぞれの典型にあてはまるわけではありません。機械いじりの好きな女性がいれば、会話上手な男性もいます。いずれにせよ、「コミュニケーションに重きを置く現代では女性脳のパターンが有利」と結論が導かれるようです。「性差の捉え方に波紋を投ずる示唆に富む著」との書評でした。

 バロンコーへンはこの本を書き上げるまで5年以上要したと言います。性差を論ずることは差別を助長させる危険があり、慎重さが求められるためです。しかし今や、論点を正しく把握すべきとの意識が女権主張者達にも広がり、無事出版に至ったと述べていました。

 男女の相違が、根本から見直されようとしています。


「仙台経済界」2003年 9-10月号掲載


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リリーと散歩に河原へ出た。初夏の夕暮れ時、空はまだ高く、木々の緑からは鳥のさえずりが聞こえていた。街の中を蛇行する川に沿って、河原は緩やかに続いている。広い流れがさざめく向こう岸は地層面があらわな切り立った崖になっており、その上に並ぶ家々は精密な模型のようだ。中にはあかりを灯している部屋もあり、窓越しの光源がかすかな星のように見え隠れしている。河原には私たちの他には誰もいない。今がチャンスとばかり

私はリリーの頭部を両手で包み、ひたすら頬ずりしていた。鼻筋から後頭部へ、耳から口元へと、少しでも不安を取り除いてやりたい一心で。向かい合ってリリーを支えている看護婦さんも、横で注射をしている獣医さんの存在も気にならない。胸の芯からこみ上げてくるおえつを抑えるので精一杯だ。 突然、診察台の上に立っていたリリーの腰が崩れ落ち、背中、上体も続いた。看護婦さんはリリーをそっと横にさせた。 獣医さんは、リリ

私たちは日中の活動と夜の睡眠を繰り返しながら毎日を送っています。この活動と睡眠のリズムは両目の奥に位置する視交叉上核(しこうさじょうかく)という神経細胞群で作られます。この細胞群がいわゆる体内時計です。 体内時計は光の受容器である目とつながっており、太陽光を浴びた時刻に応じて変化します。早朝に朝日を浴びると夜に眠くなる時間が早くなり、夜に強い光を浴びるとまだ昼が続いていると勘違いして遅くまで眠れな