検索
  • 斎藤 徹

動かなくなること (「仙台経済界」2004年 11-12月号掲載)

 面白い写真がありました。シャクトリムシにカマキリが登っている場面です。カマキリは動くものを見ると餌と思い反射的に襲いかかる習性があり、シャクトリムシにとっては天敵の一種です。危機を感じたシャクトリムシは体を伸ばして木の枝に姿を似せ、ひたすら身を隠しています。説明によると、カマキリはシャクトリムシの先まで登り、何事もなかったように去ったそうです。

 他のものに似せて外敵から身を守る「擬態」は、元をただせば「動きを止めて生きる技術」、自然が生物に与えた太古からの戦略です。

 生物固有のこの装置が、人間にも見られるとする説があります。うつ病を「動かなくなって生き延びる」、目的を持った心身反応と見る考え方です。

 うつ病を理解するために、大切な人を失うなどの喪失体験がモデルとなってきました。そのような体験に会うと、私達はまずも茫然自失のショックに陥ってしまします。すべてが麻痺したかに思える凍結した時間に閉ざされる段階です。通常であれば、それから次第に本来の活動性が戻ってきますが、このとき同時に、受けた体験の辛さも伴なうことになります。何かしようと思っては、悲しみや自責が心痛となって迫ります。活動意欲の戻りが大きいほど痛みも激しくなり、思いがけない衝動行為を引き起こしかねません。自殺が経過の極期より回復しかけの時期に多いゆえんです。うつ病はその耐えがたい心痛に自らをさらすまいと、いわば「冬眠」のように初めのショック期に留まっているとするのがこの説です。

 うつ病の歴史は遠くギリシャ時代にまで遡ります。当時は黒い(メラニン)胆汁(コリー)による虚脱と伝えられ、胆汁を浄化する飲食物、ワインやハーブが治療に使われていました。コンピュータが発達した現在、主流は脳細胞レベルでの研究です。その結果セロトニンをはじめとする脳内神経伝達物質の減少が明らかとなり、問題の物質を正常化する薬剤が次々に開発されています。

 一般にうつ病というと、精神エネルギーの低下に代表されるネガティブな面が目立ちますが、根底に危機を切り抜けるための理にかなった反応が生じているとした説には前向きなところがあります。発熱の裏側で細菌浸入に対する白血病の戦いがあるように、うつ病も単に動かないでいるのではなく、心身からのメッセージと受け止めることもできるためです。


「仙台経済界」2004年 11-12月号掲載


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リリーと散歩に河原へ出た。初夏の夕暮れ時、空はまだ高く、木々の緑からは鳥のさえずりが聞こえていた。街の中を蛇行する川に沿って、河原は緩やかに続いている。広い流れがさざめく向こう岸は地層面があらわな切り立った崖になっており、その上に並ぶ家々は精密な模型のようだ。中にはあかりを灯している部屋もあり、窓越しの光源がかすかな星のように見え隠れしている。河原には私たちの他には誰もいない。今がチャンスとばかり

私はリリーの頭部を両手で包み、ひたすら頬ずりしていた。鼻筋から後頭部へ、耳から口元へと、少しでも不安を取り除いてやりたい一心で。向かい合ってリリーを支えている看護婦さんも、横で注射をしている獣医さんの存在も気にならない。胸の芯からこみ上げてくるおえつを抑えるので精一杯だ。 突然、診察台の上に立っていたリリーの腰が崩れ落ち、背中、上体も続いた。看護婦さんはリリーをそっと横にさせた。 獣医さんは、リリ

私たちは日中の活動と夜の睡眠を繰り返しながら毎日を送っています。この活動と睡眠のリズムは両目の奥に位置する視交叉上核(しこうさじょうかく)という神経細胞群で作られます。この細胞群がいわゆる体内時計です。 体内時計は光の受容器である目とつながっており、太陽光を浴びた時刻に応じて変化します。早朝に朝日を浴びると夜に眠くなる時間が早くなり、夜に強い光を浴びるとまだ昼が続いていると勘違いして遅くまで眠れな