検索
  • 斎藤 徹

エコノミークラス症候群 (「仙台経済界」2005年 1-2月号掲載)

 「エコノミークラス症候群」とは、長時間同じ姿勢をとることにより血液に固まりができ、それが肺の血管に詰まって呼吸困難、時には死に至る病態を指します。最初の報告例が航空機のエコノミークラスの乗客であったことからこの名称が付けられました。

 航空機内は人体にとって好ましい条件とはいえません。湿度が15%程度で、これは砂漠よりも乾燥している状態です。そこでは1時間に80ミリリットル、12時間の飛行で1リットル近くの水分が体内から奪われます。体内の水分が少なくなると血液の粘度が増し、「血栓」という固まりができやすくなります。

 さらに飛行中は狭い座席に座り続けていなければならず、この姿勢は足の付け根や膝裏を圧迫させ、血液の渋滞を招き、いっそう血栓ができやすい状況を作ります。着陸後、血栓のできた人がすぐに動き出すと、その固まりは血流の勢いで運ばれ、血管が密集している肺で詰まってしまうのです。

 リスクの高い条件としては、40才以上、肥満、妊娠・出産や手術直後などがあげられますが、それ以外でもスポーツ選手のように激しいトレーニングをしている人たちも油断できません。血管の内側が傷んでいることがあり、そこから血栓ができやすいからです。

 予防としては「水分補給」と「運動」がポイントとなります。搭乗前の軽い食事や座席についてからの飲み物は水分維持に大切です。ただし、アルコールやカフェインは利尿作用を促し、脱水を引き起こすので取り過ぎは禁物です。また、体を締め付けない余裕のある服装にし、定期的に手足を動かしたり関節の内側を揉んだりトイレや洗面所に立つような工夫も効果があります。

 ところで、新潟県中越地震で、車の中で避難生活をしていた被災者の3割に血栓が発見され、エコノミークラス症候群の前段階であることが判明しました。飲料水が行き渡らずトイレも整備されないまま、窮屈な生活を強いられた状況によるものと考えられます。

 エコノミークラス症候群はその響きから、航空機のエコノミークラスでしか起こらないとの印象を与えかねません。しかしその後の調査では、バス、列車、船などの乗客にも発症が認められ、名称の見直しが提言されていたところでした。

 空の上で見つけられたこのトラブルは、今や地上、海上で広く注意が呼びかけられています。


「仙台経済界」2005年 1-2月号掲載


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リリーと散歩に河原へ出た。初夏の夕暮れ時、空はまだ高く、木々の緑からは鳥のさえずりが聞こえていた。街の中を蛇行する川に沿って、河原は緩やかに続いている。広い流れがさざめく向こう岸は地層面があらわな切り立った崖になっており、その上に並ぶ家々は精密な模型のようだ。中にはあかりを灯している部屋もあり、窓越しの光源がかすかな星のように見え隠れしている。河原には私たちの他には誰もいない。今がチャンスとばかり

私はリリーの頭部を両手で包み、ひたすら頬ずりしていた。鼻筋から後頭部へ、耳から口元へと、少しでも不安を取り除いてやりたい一心で。向かい合ってリリーを支えている看護婦さんも、横で注射をしている獣医さんの存在も気にならない。胸の芯からこみ上げてくるおえつを抑えるので精一杯だ。 突然、診察台の上に立っていたリリーの腰が崩れ落ち、背中、上体も続いた。看護婦さんはリリーをそっと横にさせた。 獣医さんは、リリ

私たちは日中の活動と夜の睡眠を繰り返しながら毎日を送っています。この活動と睡眠のリズムは両目の奥に位置する視交叉上核(しこうさじょうかく)という神経細胞群で作られます。この細胞群がいわゆる体内時計です。 体内時計は光の受容器である目とつながっており、太陽光を浴びた時刻に応じて変化します。早朝に朝日を浴びると夜に眠くなる時間が早くなり、夜に強い光を浴びるとまだ昼が続いていると勘違いして遅くまで眠れな